HOME
»
求道四苦八苦
»
アーカイブ:2018年
»
2月

求道四苦八苦

 

春を告げる‟ふきのとう”


   ふきのとうを見つけました。
  
   数年に一度の寒波がつづき、これまでにない寒さだと体に感じ、春はまだまだと思っていたのに、忘れず確実にやってきていました。

   きのう、家内が「‟ふきのとう”がでてる」と言ったので見に行き、可愛らしいのを4個見つけました。早く大きくなり香りでも「春」を感じられたらと思っています。

   写真を載せたかったのですが、未熟なためお見せできなくてすみません。

   ピョンチャンオリンピックも中盤を迎えています。結果が出た選手、出せなかった選手と色々ですが、それぞれにこのためにここまで大変な努力を重ねられたようです。それは、「すべての人に感謝します」の言葉にうかがえます。

   すべての参加選手に成績の「春」が来ればいいのにと思っています。
 

 

年のせい?


   数年に一度の寒波に見舞われた各地は大変な状況です。

   我が地区では雪の量も大したことはないのですが、日中は気温が上がらず、雪がなかなか解けません。あまりの寒さに炬燵の守りの毎日です。

   しかし、昨日より少し気温が上昇し、屋根の雪も落ちてきました。

   私が感じる寒さは、年ごとに増しているように思います。去年はこれほど寒いとは思わなかったのに…。

   家内に話したら、「毎日駄羅頭(だらず)をしているから」と言われてしまい、「そうかもな、いやいやそんなことは無い」とも思いました。

   数年に一度の寒さのためか、年のせいか、あるいは日々の生活に問題があるのでしょうか?

 

 

豆まきの後

   
   節分の日で各地で豆まきが行われていたようです。鬼を追い出した後の家は、穏やかになったでしょか?

   先日の研修会で、ご講師さんの講話のなかの笑い話で、「『渡る世間は鬼ばかり』と言うが、そうしたのは我々で、豆まきをして鬼を家の外に追い出したからだ。」とおっしゃっていました。

   なるほどと納得しました。毎年我が家に鬼が住み着くのは私が我が家にいるからでした。鬼の発生源は私でした。

   鬼と仲良く同居する努力をしてみたいと思います。