HOME
»
求道四苦八苦
»
アーカイブ:2018年
»
7月
»
16日

求道四苦八苦

有難うございました。


大洪水で、従弟の家(建坪約40坪)が床上15㎝~60㎝浸かりました。

当日夜勤で朝に帰宅して、その惨状に呆然とし、今後を悲観していた従弟の背中を押していただいたのは、勤め先「合歓の郷」の方々でした。

早々に片付けに入り2日半で水没したすべての物々を回収可能な道路端まで搬出しました。

家は道路から300m位入った所にあり、ゴミ回収可能な道路まで出さなければなりません。総勢24人の方々のお力添えでした。ボランティア(「合歓の郷」、市社協)の方々によるごみの搬出、聞いて駆けつけ、進入路の草刈をしてくださった方、軽トラックを持参してくださった方、本当にありがとうございました。

ボランティアの方々は、職場、地元、隠岐、松江、出雲、大田、邑智郡等々より駆けつけられ、炎天下の中、無理なお願いばかりを、快く引き受けていただきました。作業は元よりその他飲み物などのお心づかい、本当にありがとうございました。

私達のお礼に「お互い様ですから」と笑顔で励まし元気づけてくださいました。

作業が終わって、従弟と「有難いな、お蔭さんだな」としみじみ感じていました。

当初の思いから、少しは前向きに考えられるようになった従弟だと思いますが、この先色々な問題がありそうです。多くの方々に支えられてあるわが身を、大切に生きさせていただいてほしいと願っています。今、私は涙してつづっています。

助けていただいたみなさん本当に、本当に有難うございました。

江津市内や全国で被災された皆さん、助けてくださる方がいらっしゃいます。そのお心を戴きませんか、感謝です。