HOME
»
介護四苦八苦
»
アーカイブ:2018年
»
11月
»
5日

介護四苦八苦

足が伸びたんかなあ?

夕食後、パジャマに着替える時のことです
(立ったままですることはむずかしいので、ベットに腰をかけながらしています。)
腰も、くの字に曲がり、両肩とも痛いため、いつも苦戦をしています。特に、ズボン
をはくときに時間がかかります。左足は何とか入れることはできますが、右足は左
が十分でないため、なかなかです。時間がかかるために手伝いたくなるのですが、
何とか自分の力でやった方がいいと思っているので、我慢するようにしています。
(残っている能力をつかってほしい)なかなかできないので、私がイライラして手伝おう
とすると、一言、「足が伸びたんかなあ?
いっしゅん、イライラがどこかに、そのことばに感心しました。96歳のおばあさん
なかなかやるねえ!