HOME
»
過疎四苦八苦
»
アーカイブ:2018年
»
5月
»
17日

過疎四苦八苦

金遣い


すこしばかり昔のことになりましたが あの人はお金遣いがキレイとかあるいは汚いとかいうことばを聞いたことがありました。

また金遣いが荒いとか細かいということばも聞きました。

近年はそのどちらも聞くことが減ったように感じているのですが 話題が出る場にいることが減ったためなのか あるいは社会全体のお金についての見方が変わったためなのかよくわかりません。

これからのお寺のあり方や過疎地域での暮らしを考えているうちに お金の遣い方を考えるようになりました。

苦労していただいたお金ですから自分や家族のために使うことは当然のことですが その使い方について聞こえてくるのは 品物の値段のことや損得のことばかりに聞こえるのです。

「応援してあげたいので 高くても買います」とか 「たくさん税金を払えるようにならないと」といった話があまり出ないのです。

お金遣いの話題で 世の中がどう進んでいるかわかるような気がします。

たとえ口先だけでも 「お金は天下の周りものだから」といいながら 他の人と一緒に喜こぶお金遣いの話題を増やしたいものです。