HOME
»
過疎四苦八苦
»
アーカイブ:2019年
»
1月
»
3日

過疎四苦八苦

新年早々に恐ろしいニュースです



新年早々 原宿で車の暴走によって9人がはねられたというニュースがありました。いまの世では小さな出来事ですが なぜか考えさせられました。

逮捕された運転者は 何かにむしゃくしゃしていたらしい21歳の若者で 19歳の若者が意識不明の状態というニュースでした。

動機はまだはっきりしていないようですが 暴走した若者の心の中に何が起こっていたのでしょうか。

耐えられないほどの腹立ちがあった。それを発散させることが出来ない環境で暮らしていた。あるいは 耐えられなくなったとき起こす行動への躾や制約がなかった。あるいは・・・・と思いを巡らせながら 自分に何が出来るだろうかとぼんやり考えていました。

そして数秒もしないうちに 「何か出来ることがあるのではないか」と思い上がっている自分に気づいていました。

このような痛ましい出来事を止めることなど 私に出来ることはありません。解説めいたことを話すことは出来ますが 防止する確かな手立てはないのです。

思い上がった上から目線に気づき 周囲にある日常の一つ一つのことに対し丁寧に関わることが大切でした。

そしてその姿勢を発信する積極さが求められていると気づきました。