HOME
»
過疎四苦八苦
»
アーカイブ:2019年
»
1月
»
11日

過疎四苦八苦

人生は勝負の世界だが



久しぶりに錦織選手が世界ツアーで優勝しました。決勝戦までいって 「今度こそ優勝」と思われながら負けが続いていました。

勝負の世界はまことに厳しいもので 勝者は讃えられますが敗者は早々と忘れられてしまいます。

勝ち負けはスポーツの世界だけにあるのではありません。私たちの人生においても 日常生活の隅々で勝負を繰り返しているはずです。

病気に勝つか負けるか 誘惑や怠け心に勝つか負けるか 入試や就活に勝つか負けるかなど 人生においてはつねに何かとの勝負をしているように思えます。

ところが宗教には勝負というものがありません。「そのままでいいよ」といって そのままの人生を容認されて生きるのが宗教ですから 勝負のしようがないのです。

宗教で話されるすくいの前では 勝者も敗者もなく 善人も悪人もありません。

ひとつの世界に向かって 同じように導かれているのがすくいの基本ですから区別差別がないのです。

錦織選手の活躍は話題になっていますが いつまでも勝ち続けることは出来ません。

大きなすくいの中であることを感じながら たびごとの勝敗に一喜一憂することなく活躍して欲しいと思います。