HOME
»
過疎四苦八苦
»
アーカイブ:2019年
»
4月
»
12日

過疎四苦八苦

手話の公衆電話



羽田空港の待合室で 珍しいものを見ました。

「手話の公衆電話」があったのです。

障害があって 手話が必要な人のための公衆電話ですが 考えて見たら一般のでんわでもスマホやアイホーンでも手話で電話をすることはできません。

興味があったので中を覗いてみました。想像したように テレビ電話のようになっていて相手の人と会話が出来るのです。

少しずつではあっても 障害者にやさしい社会になりつつあることを感じました。

来年のオリンピック、パラリンピック開催に向けての準備とも思えますが こんなところでも準備が始まっていることに感心しました。

バリアフリーとかブラインドタッチの標識などに合わせて 誰もが暮らしやすい国になる気配を感じました。