HOME
»
過疎四苦八苦
»
アーカイブ:2019年
»
5月
»
12日

過疎四苦八苦

呼び出し方の違い



つづけて訪問した二つの金融機関で 接客の違いを見せていただきました。

最近は個人名を呼ばず 待っている人を番号で呼び出すことが多くなっています。

大きな病院に行けば 受付でレシートのような番号札を渡されます。銀行では 樹脂製の大きな札を手渡されて 待合所の椅子で待つことになります。

不特定多数の人が出入りしている場所なので 大声で個人名で呼び出されることがうれしくない人がおられるからです。

ところが先日お邪魔した某信用金庫では 堂々と「○○建設様」とか「△△様」と企業名や個人名を呼んでいました。

4人ほどのお客さんでしたが どんな人が利用されているか一瞬で分かりました。

騒ぎ立てるほどのことではないのですが 個人情報保護をうるさくいう時代の金融機関としては すこしゆるいなあと感じたのです。

とはいえ目の前には自分一人しかいないのに わざわざ「○番の番号札でお待ちの方」と呼ばれるのもすこししらけます。

個人情報保護の本質をわきまえて 臨機応変に接客することが難しいのでしょうか。