HOME
»
過疎四苦八苦
»
アーカイブ:2019年
»
5月
»
17日

過疎四苦八苦

漫才の勉強



漫才のことを勉強しようと思っています。といっても漫才師になるつもりではありません。

お寺で行われるお説教の第二部で 数年前からご講師のお坊さんと対談する時間を設けています。

今まで数回の対談をしながら気づいたことは 聞いておられる皆さんが楽しそうな笑顔で聞いておられるのです。

対談の中身は仏法の話とか ご講師の人生観などが中心ですが 新しい雰囲気が生まれています。

そうしているうち 漫才が対談であり「ボケと突っ込み」という役割で楽しさが醸し出されていることに気づいたのです。

かっての「エンタツ・アチャコ」「ダイマル・ラケット」「やすし・きよし」「コント55」。

最近では「大助・花子」などが楽しませてくれています。

お説教においで下さるお坊さんにボケ役はお願いできませんので 住職がその役になるのがいいと思い ボケの研究をすることを思いついています。