HOME
»
過疎四苦八苦
»
アーカイブ:2019年
»
6月
»
19日

過疎四苦八苦

人間の面白さは



自分は面白くないダメ人間になろうとしているのではないかと思ったので 振り返って整理してみようと思います。

そう思ったからといって ダメ人間と決めて落ち込んでいるわけではありません。

ただ周囲の人から見たら面白くない人間に見えているのではないかと 自問自答して見るのです。

私は自分の夢を実現するためあれこれいろんなアイデアを発想して それを周囲の人に話すことが好きです。

それを聞く人たちは おおかた「面白いねえ」といってはくださいますが すべてその場だけで終わります。話だけが面白くて ほんとうの面白さではないのです。

ほんとうの面白さは 自分が実現したい目標に向かって真剣に取り組む姿から出ていると思うからです。

純真な子どもが 実現したい何かに向かって 真剣に取り組んでいる様子を想像すると ほんとうの面白さはなにかがわかります。

ダメ人間には妥協が多く そのひたむきさが不足しています。その結果が面白くない人に見えるということを自覚して 夢の実現に向かいましょう。