HOME
»
過疎四苦八苦
»
超ミニ図書室

過疎四苦八苦

超ミニ図書室


小さい図書室開設の準備をしています。丈が低い小さな本棚が数台置いてある図書室です。

並べる本はマンガ本と絵本 そして糸井重里さんや岩田書店さんが推薦されている本の中から私が選択します。基準は隙間時間に読める おもしろい本です。

日曜学校をしていたとき 通ってきていた子供たちが『どらえもん』のマンガ本を擦り切れるまで読んでいた光景が目に焼き付いて忘れられません。

おもしろさには テレビ観賞 スポーツ ゲーム 制作 音楽 演劇など それぞれにいろいろなおもしろさがあります。

マンガに夢中になることの功罪はわかりません。
人間はそれぞれのおもしろさに夢中になって 自然に何かを身につけていくのだろうと思っているのです。

かって「鳥獣戯画」を拝観したことを思い出しました。そのとき「これはマンガですよ」と教わりました。

​そのときから マンガというのは 絵を通して社会風刺とか人生のあり方を想像させる力をもっていると思うようになりました。