HOME
»
過疎四苦八苦
»
小さなことを二つ

過疎四苦八苦

小さなことを二つ


仕事の量はもちろん スピードも遅くなっていることを感じます。

今まで持てていた少し重いものが持てなくなることや あまり長い時間動けなくなってきていることもあります。

それを自覚するようになってからは 思い切って一日の仕事量を減らしたのですが 逆に頭に浮かぶやりたいことは増えるような感じがしています。

それでも次々に思いついたものに何でも手をつけているかというと そうではなく かならず立ち止まって整理してから行動を始めます。

重要度とか緊急度 他人に迷惑をかけることにならないかを考えるのです。そのうえで心掛けていることは 大小にかかわらずまた好き嫌いにかかわらず まず急ぐ仕事から始めるということです。

そしてそれを一日に二つまで。ひとつが一日で終わらなこともありますが 簡単に終えられる仕事であっても 二つと決めているのです。

出来映えとか結果のことは深く考えないようになりました。とにかく動かなければ仕事といえないわけで とにかく始めることにしています。

そんな習慣がつくと ゆとりが生まれて仕事がおもしろくなってきたように感じるから不思議です。