HOME
»
過疎四苦八苦
»
何もない一日

過疎四苦八苦

何もない一日



何も予定がない一日だったので 何もしないで過ごすことにしました。

何もしないといいながら 倉本作品の「風のガーデン」の3回目を見て ときどき ほんの少し考えごとをしました。

家内も少しばかり休養が必要と思っていましたので 二人でビデオを観ることにして座っていました。

外は寒く 雨も降っていて外出する気分になれず ちょうどいい何もしない日になりました。

本当は何もしないといいながら 五感は何かをしているようでした。そうしないと落ち着かない性分のようです。

暖かい部屋の中で 誰にも干渉されずに過ごしたのですが 日常の決まった動作や 毎週決まって繰り返す行動 あるいは気になって放っていたことにも手を出していました。

ただ頭の中に 次々と異なる問題を入れたり それに応答する必要はなく 頭の中は一日ほぼ連続して緩んでいました。

どうやら 休養とは頭の中も休むことでした。